« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »


2005年08月24日

No.129 海の探検隊

pb129.gif pb129q.jpg

大きな魚の口の中を探検している二匹の小さな魚。
このあと彼らはどうなるのか、それはカニだけが知っています……
※画像をクリックするとVGA版が表示されます。

投稿者 chi-h : 14:01 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月21日

日本の苗字7000傑

以前、近所を散歩している時に、ある家が目に付きました。普通の概観をした何の変哲も無い一軒家ですが、気になったのはその玄関にかかっている表札に書かれた『眼目』という文字です。
「『めめ』と読むんだろうか。『がんもく』さんなのか……いや、そもそもこれは表札ではないのでは?」などと色々と考えてしまいました。帰宅してからネットで検索してみると、どうやら「さっか」と読むらしいということが分かり、とりあえず胸のつかえがとれました。(もちろん眼目さん宅で確認したわけではありませんので、実際は違うかもしれませんが)

その時に色々と渡り歩いたサイトで、苗字に関する面白いサイトがありました。
日本の苗字7000傑 苗字検索」というサイトでは、苗字に関する色々なことが調べられます。
苗字の人数による順位だと、「堀江」は347位で62,800人ほどいるそうです。
簡単な出自なども同時に読めますので、話のネタにでも利用してみてはいかがでしょう。

投稿者 chi-h : 12:27 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月19日

東京ジオサイトプロジェクト

東京ジオサイトプロジェクトというのは、東京の地下に存在する「共同溝」という名の広大な空間を、数日間だけ文化的なことに利用しようというプロジェクトです。
初日は音楽演奏が行われるようですが、そこで行われる演奏がどんな風に聴こえるのか興味あります。
風呂に入りながら歌う鼻歌は普通以上にうまく聴こえますが、強固な外壁で固められた広大な空間では軽い鼻歌も荘厳に聴こえてしまうものなのでしょうか?

それは置いといても、こういった巨大空間の画像というものはなぜかかっこよく見えてしまいますね。
その筆頭は『首都圏外郭放水路』のフォトギャラリーでしょう。
大友克洋のAKIRAを実写化するとこういう感じになるのかといった空間を撮影した画像がたくさん閲覧できます。
これこれこれなどは死ぬほどかっこいいです。

投稿者 chi-h : 22:20 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月18日

iTMSで買い物

今までは単に試聴するだけでしたが、本日iTunes Music Card(¥2,500)を購入してみました。

itmc.jpg


iTunes Music Cardの裏のスクラッチを削り、その番号をiTunes Music Storeで入力。新規にアカウントを作成すると、Music Storeの右上に残高が表示されました。
とりあえず以前に試聴していたときに後で買おうと思っていた曲をポチリ。確認ダイアログが表示され、OKを押下するとそのままダウンロード開始。
数十秒でダウンロードが完了し、後はそのまま聞くことが出来ます。
いや~、手軽で良いですね。

んでふと思ったのが、手元に残ったiTunes Music Cardをどうするかということなんですが、皆さんはどうしてますか?
モノとしては裏面のスクラッチに書いてある番号が必要なだけであって、会員証のようにずっと使うものではありませんが、その割にはプラスチックでちゃんと作ってあります。もう必要ないのは間違いないのですが、パッと削ってパッと捨てるのがもったいないような気がして……
後にiTMSに自分がどれだけお金をつぎ込んだかの証となるかもしれませんから、とりあえずとっておくとするかな。

投稿者 chi-h : 17:53 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月15日

No.128 Robots6

pb128.gif pb128q.jpg

Robotsシリーズの第6弾です。
夏といえばビール!ということでビールをモチーフに。
※画像をクリックするとVGA版が表示されます。

投稿者 chi-h : 16:43 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月10日

へ~と思ったこと

今日、ふとしたことから知人と茶色いキツネの話しになりました。
とはいっても茶色のキツネを見たとかというわけではなく、「A quick brown fox jumps over the lazy dog.」という英文の中に茶色いキツネが出てくるという話です。
この文章ですが、Windowsを使っている方ならば見たことがあるのではないでしょうか?
フォントフォルダの英文フォントをダブルクリックすると、例文として色々なサイズで表示されます。
(ちなみに日本語フォントの例文は「Windowsでコンピュータの世界が広がります。1234567890」です)

この英文は「敏捷な茶色のキツネが怠惰な犬を飛び越える」という意味ですが、それは全く重要でなく、アルファベット26文字が使われているという点がミソなのです。
いわゆる日本のいろはにほへと的な文章であり、タイプライターやキーボードなどの入力の練習などにも使われるとのこと。
だからフォントの例文に使われるんですね。

ネットで検索すればすぐに知ることが出来ますから、今さらの話かもしれませんが、今日自分で調べてみて「へ~」と思ったので書いてみました。
他に「へ~」と思ったのは「全身に金粉を塗っても人間は死なない」ということです。

投稿者 chi-h : 21:13 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月08日

iTunes Music Store

8/4、噂されていたiTMSが日本でもとうとう開始されました。
色々なサイトやBlogですでに言及されていますので、ここで詳細を書いてもいまさらという感じでしょうから割愛します。
米国のiTMSで色々と曲を検索しては視聴してましたので、今度は購入も出来るんだ!と思いつつ検索開始。
カセットテープはあるものミニコンポがないために今は聴けないHeavyMetalのアーティストを、思いつくままにまずは検索。

メロディアスな曲にしゃがれた声のボーカルが気に入ってた「PRETTY MAIDS」……まぁさすがにないか。
メタルに分類することを嫌がる人もいそうな「ICON」……これもそんなにメジャーじゃなかったから無くて当然か。
大御所の「SCORPIONS」はどうだ……あったけどショボイ、ショボすぎる品揃えだ。聴きたかったアルバム「LOVE AT FIRST STING」がないぞ。
そんじゃ「Dio」なんてどうだ……あった。けどなぜかアルバムが全曲揃ってない!
だんだん検索する気が萎えてきて、どうせ無いだろうと思いつつ「QUEENSRYCHE」を検索……ある。しかも最初のミニアルバム「QUEENSRYCHE」まで!
……う~ん、いまひとつ品揃えの基準が分からん。

という感じでした。
もちろんiTMSはスタートしたばかりで、品揃えはこれからどんどん改善されていくことと思われます。
iTMS-J、わずか4日で100万曲販売突破」というニュースもすでに流れていますし、利用者が増えるにつれて様子見だった不参加のレーベルも重い腰を上げるのではないでしょうか。

それにしても国内の音楽配信サービス業者は値下げやDRMの緩和をなぜとっとと行っておかなかったのでしょうか?
ソフトの使い勝手もそうですが、値段やDRMなどのサービス面を全然見直さなかったくせに、いざiTMSが開始になると足並みをそろえてくるというのはあまり格好いいとは思えませんね。
iTMSをきっかけにして、音楽配信サービス全体が利便性の良いものになることを期待します。

投稿者 chi-h : 21:19 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月04日

月を見上げる猫

見上げる猫

月を見上げる猫。

投稿者 chi-h : 21:21