« 花見 | メイン | コンタクトその後 »


2006年06月10日

コンタクト

152276811_207.jpg
高校の頃からずっとコンタクトを使っていたが、少し前にレンズの調子が悪くなったため、ここしばらく普段はずっとメガネを使っていた。
安いものだと度が強いレンズは牛乳瓶の底のようになるし、それを回避しようと薄くても度が強いレンズは値が張るし、そういったレンズはガラスレンズだからプラスチックレンズよりも重い……と、悪いことばかりだ。
ちょっと前まで使っていたコンタクトは寿命のせいか目に合わないようになっていたので、ごくたまにしかつけないようになってしまい、ここ最近は全然使ってない。

最近は使い捨てレンズも安く売っているようなので、そろそろまたコンタクトに戻してみようと思い、近所の眼科に行ってきた。
(コンタクトレンズは医療用具なので、購入する際には眼科医の診断が必要)
ネットで使い捨てレンズの評判を調べ、そのレンズを扱っているショップ・眼科を調べたところ近所に2件ほどあったので、歩いて数分のその眼科へ行くことに。
ちょっぴり光浦靖子に似た看護婦さんにお世話になりつつ、マシンを使っての自動視力検査、レンズの入れ替えができるテスト用メガネをかけての視力検査、変なマシンで眼球を覗かれてそれが液晶ディスプレイにでかでかと表示される検査など、数々の試練を乗り越え、30分後には無事コンタクトレンズをゲット!
購入したのは1日使い捨てタイプのワンデーアキュビューで、一箱に片眼30枚分が入って¥3,000。
探せばもっと安いところもあるだろうが、とりあえずということでその眼科医で両目用として2箱を購入して帰宅。

帰宅後、院内でテスト的にはめていたレンズをはずしてゴミ箱に捨てたのだが、今までずっと普通のレンズを使っていたため、捨てる時に『ホントに捨てちゃって良いんだろうか……?』と思って躊躇してしまうのはしばらく無くなりそうにない。


投稿者 chi-h : 2006年06月10日 22:54