« ビデオ編集 | メイン | モバイルポケット/メール »


2007年09月11日

お絵かき用装置たち

tablet.jpg

古いPCのサイトを見てたらちょっと懐かしくなったので、普段使っているお絵かき用装置のイラスト(?)を描いてみた。

大昔はキーボードから直接数値を打ち込んでPCに描かせたり、キーボードでカーソルを移動させて直線をつなぎ合わせながらちまちまと絵を描いていた時代もあった。
モニタに直接ペンをあてて線を引けるライトペンというものもあったけど、分解能が低かったせいか精密な線はひけなかったようだ。
店頭でちょこっと触ったことがあるけど、手を上げっぱなしになるんでちょっときつかった。

その後、PCではマウスが標準装備になったけど、お世辞にもマウスはお絵描きには向いてない。
慣れればある程度は描けるようになるけど、それでもお絵描き用として使い道が限られてしまう。
でも今でもアイコンやドット絵を描く時、Flashなどのベクターで線を描く時はマウスを多用している。
ちなみにペン型のマウスなんてのもあったけど、形がペン型ってだけで装置としてはマウスのままなんで、残念ながらお絵かき用としては今ひとつだった。

そして今はやっぱりタブレット。
普通にペンを使って描く感覚に近いし、筆圧の強弱で線の太さや色の濃さを変えられる優れもの。
描いている手元じゃなくてモニターを見なければいけないというのがちょっと難点だけど、それ以外は問題ないお絵描き用ベストアイテムだ。
昔は結構値段も高かったが今は数千円で買える。
でも線は紙とペンで描いてスキャナーで取り込み、色付けだけPCで行うという人も多いみたい。
やっぱ紙とペンは偉大ってことか。


投稿者 chi-h : 2007年09月11日 15:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://paintbox-uw.com/mt/mt-tb.cgi/156

コメント

コメントはお気軽にどうぞ。




保存しますか?