« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »


2008年02月29日

アイデアスケッチ

idea_sk1.jpg

idea_sk2.jpg

天気も良くて結構暖かかったので、今日はイラストやFlashのアイデアを練るために近所にある大濠公園へ。
(大濠公園とは福岡の中心部にある、ものすごく大きな池がある公園です)
コンビニでおやつを買って池の脇にあるベンチに座ってると、ハトやカモメ達がおやつを狙って集まってくる。
『クレ、クレ、クレ』って感じでじっとこっちを見つめ、少しでも手を動かすと『エサ? エサ? エサ?』と反応してくるのだ。
そんなにじっと見られたらおやつも食べにくいし、アイデアだって出にくいじゃないか。
あっちに行ってなさい!

投稿者 chi-h : 18:26 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月27日

モバイルポケット/フラッシュ 新作公開

mobile_flash_0802.jpg

『モバイルポケット/フラッシュ』さんにて私のオリジナルFlashコンテンツが配信されてます。
今月も5点ほど新作が追加されましたのでご紹介いたします。
次回も5点ほど追加される予定ですのでお楽しみに!

au ezweb:待受・画像・キャラクター→Flash(R)→モバイルポケット/フラッシュ
Softbank Yahoo!ケータイ:壁紙・待受→待受Flash(R)→待ち受けフラッシュ

投稿者 chi-h : 09:19 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月18日

食パンの厚さについてのささやかな疑問

食パン.jpg

東京にいる時から食パンを結構買っていた。
朝食の時はもちろん、メシを食ったけどちょっとだけもの足りない時、何となく小腹が空いた時などにハムや卵などをはさんで食べるのに適していたんで常備していたのだ。
東京のスーパーやコンビニでは6枚切りと8枚切りが多かったが、薄さが自分にマッチしていたんで8枚切りのものを好んで買っていた。

福岡に戻ってきて同じように8枚切りの食パンを買うべく近所のスーパーに行ってみると、そこには8枚切りなんて影も形も無い。
単に『売り切れですよ』とかじゃなく、何ていうか『8枚切り用の陳列棚が存在しませんよ』的な、完全否定っぽい感じなのだ
6枚切りは東京と同じようにあるものの、8枚切りなんて存在感ゼロなくせに4枚切りがでかい面をしていた。
それどころか5枚切りとか中途半端な厚さのものが幅を利かせているじゃないか!
そもそも6枚切りと5枚切りって分ける必要があるのか?
たまたまこのスーパーだけがそうなのかと別の日に他のスーパーに行ってみてもやっぱり売ってないし、5枚切りがここでもぶいぶい言わせていた。

博多って厚いものが好きなの?
それだけ熱い土地柄ってことなの?
っていうか食パンの厚さに対する趣向って、土地によってこれほど違うものなのかと考えさせられた事件であった。

投稿者 chi-h : 00:22 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月17日

帰福

m_before.jpg

m_after.jpg

from_window.jpg

先日、東京を引き払って故郷の福岡に戻ってきた。
特に帰らなければいけないような差し迫った理由があったわけではないのだが、ここ数年は『福岡に帰る日が来るのかなぁ』とか考えることがたまにあったりした。
今年の頭に帰省した際、暇な時間にネットで部屋を探してみたりしてたら良さげな部屋があったため、結局そのまま契約→引っ越しというバタバタした状態に。

仕事をしながら狭い部屋で荷造りを進めていったんだけど、部屋が狭いせいでどんどん寝る場所が狭くなっていき、最後の二日間は寝袋で寝たりした。
もともと何かを集める趣味とかも無く、家具もあまり持ってなかったんだけど、それでもこうやって荷造りをしてみると意外なほど物が出てくる。
さらにいらないものたくさんあって、ゴミ袋にして20袋分ほど捨てたかも。
引っ越しだからとかじゃなくて、日頃からいらないものはちゃんと捨てるようにしないとダメだ。
粗大ゴミを捨て、引っ越しの荷物も無事に持っていってもらってとりあえず一安心。
学生時代の友人に見送られて東京駅を離れる時は、何かこうぐっと来るものがあったな。
新幹線の中でボーっとしながらメールを打ってたりすると、色々な思い出が浮かんでは消え浮かんでは消え……

福岡で不動産屋にカギをもらってようやく新居に。
今度の部屋は結構古いものの今までより全然広く、手持ちの家具を配置するだけだとガラーンとして何だかちょっと寂しい部屋になってしまう。
リサイクルショップでも回っていずれ家具をもう少し増やしても良いかな。
仕事をしながらだからまだ片付け切れてないけど、これから徐々にやっていく予定。


それにしても今回の帰福は割と急な決定だったにも関わらず色々な人たちが送別会をしてくれて、最後の一週間はほぼ毎日誰かと飲んだり食べたりしていたくらいだった。
福岡に戻るということはこういった人たちと離れてしまうということで、最後まで引っ越しの決断をにぶらせたのもこういう素晴らしい人たちとの関係があればこそ。
友人とは一生ものの財産だと、その時に痛いほど思い知らされた。
みんなにはいくら感謝してもしきれないくらい。
『福岡に帰ってきたのは失敗だった』なんて後から言うことのないよう、そして見送ってくれた人たちをガッカリさせないよう、福岡でも今まで以上にがんばらないと!
それに今はネットがあるし、東京のみんなはそっちでもよろしくね!

投稿者 chi-h : 10:22 | コメント (0) | トラックバック